トップ > 中日スポーツ > 大相撲 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大相撲】

成績次第で大関 注目の朝乃山は初日は御嶽海、2日目は玉鷲…初場所の取組発表

2020年1月10日 11時43分

写真

 日本相撲協会は10日、東京・両国国技館で取組編成会議を開き、同所で開催される大相撲初場所(12日初日)の初日と2日目の幕内取組などを発表した。成績次第では大関昇進の可能性もある注目の新関脇の朝乃山は御嶽海と玉鷲と対戦。先場所で優勝した横綱白鵬は初日に新小結の大栄翔、2日目に遠藤の挑戦を受ける。

 また休場明けの横綱鶴竜は初日に遠藤、2日目は阿炎と対戦。大関貴景勝は妙義龍と北勝富士の順と顔を合わせる。かど番の豪栄道は北勝富士、大関復帰を目指す高安は玉鷲と初日に当たる。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ