トップ > 中日スポーツ > 大相撲 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大相撲】

吉野家に専用ブラックカードがあるって知ってた!? 遅いクリスマスプレゼントとして手渡された愛好家の白鵬がゲット!!

2019年12月27日 18時16分

吉野家広報の寺沢裕士さん(左)からブラックプリペイドカードを贈呈された白鵬

写真

 横綱白鵬(34)=宮城野=が27日、東京都墨田区の宮城野部屋で年内最後の稽古を行い、遅ればせながらのクリスマスプレゼントも手にした。大手牛丼チェーンの「吉野家」から、大好きな牛丼がプリペイドカードなどで大量に贈られた。

 「クリスマスプレゼントだね。これでオリンピックまで(現役で)いけるぞ」。雑誌の記事で白鵬が牛丼好きだと知った吉野家が、プリペイドカードと合わせて並盛り280食分をプレゼント。その白鵬は、牛丼について熱く語り始めた。

 「幕下上がってから体重が半端なく増えた。110キロから135キロ。5カ月で25キロ増えた。吉野家のおかげです」

 まさに吉野家の肉と米が横綱の体の一部。「間違いありません」と語気を強めた。その当時は「2つは食べてましたね。2つめは卵入りで。とにかく腹いっぱい食べるのが目的ですね」と懐かしそうに振り返った。

 プリペイドカードは通常のオレンジではなくブラック。販売しているものではなく特別な顧客に配っているもので、吉野家大好きの白鵬はこれにも大喜びだった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ