トップ > 中日スポーツ > 大相撲 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大相撲】

新小結の大栄翔「突っ張りを見てほしい」 意識する存在は埼玉栄高の後輩・大関貴景勝

2019年12月24日 21時31分

クラッカーを鳴らして新小結昇進を喜ぶ大栄翔

写真

 日本相撲協会は24日、大相撲初場所(来年1月12日初日)の新番付を発表し、大栄翔が新小結で西に就いた。

 新小結の大栄翔は、今年の目標だった新三役、初金星、初三賞を全て達成する有言実行。埼玉県草加市の追手風部屋で会見して「言ったからには、目標達成しないとなと思いました」と笑顔を見せた。意識する存在には、埼玉栄高の3学年後輩で仲の良い大関貴景勝を挙げて「同年代には負けたくない気持ち。まだまだ上の番付がある。突っ張りを見てほしい」とさらなる出世を誓った。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ