トップ > 中日スポーツ > 大相撲 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大相撲】

白鵬「ようやく今年、花を咲かせた」朝乃山を名指しで期待「似ているところもある」大関候補に金言贈った

2019年11月25日 20時50分

43度目の優勝を果たした九州場所から一夜明け、今後の目標優勝回数を書いた色紙を手にする白鵬

写真

 大相撲九州場所で43回目の優勝を果たした横綱白鵬(34)=宮城野=が、千秋楽から一夜明けた25日、福岡市内のホテルで会見。優勝50回の大台を今後の目標に掲げた。

 4場所ぶりとなる令和初Vを力に、新たな前人未到の頂へ視界が開けてきた。これまでは、来年の東京五輪までの現役続行を目指してきた第一人者が、力強く上方修正した

 「目標は45回。その後は50回ですかね。令和元年11月25日、皆さんの前で言ったことを忘れないでね。2年後か3年後か分かりませんけど。ということは、東京オリンピックを越すなあ」

 来年3月には35歳。九州場所優勝9回で最多に並んだ千代の富士が、35歳5カ月で記録した横綱最年長V(1958年の年6場所制以降)の更新にも、意欲を見せる形となった。

 数々の記録と並んでモチベーションとなるのが、若手の成長だ。新三役で11勝し、大関候補に名乗りを上げた朝乃山を「左前まわし右四つというのが、似ているところもあります。ようやく今年、花を咲かせた」と名指しで期待。その上で「型を持って型にこだわらない」と金言を贈った。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ