トップ > 中日スポーツ > 大相撲 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大相撲】

御嶽海右まぶたも、黒星も”痛すぎる”…険しい大関への道4敗目喫し12勝に届かない

2019年11月15日 21時5分

右まぶたが痛々しい御嶽海

写真

◇大相撲九州場所<6日目> 御嶽海●よりきり○宝富士(15日・福岡国際センター)

 4日目に右まぶたを6針縫う負傷を負った御嶽海が、3連敗で4敗目。大関昇進の可能性があった12勝に届かなくなった。開口一番、「痛い。血出たし」。相撲内容についても「あまりにも痛すぎて、(上体が)起き上がっちゃったっすね」と、けがによって完全にリズムが狂った様子だった。来場所へつなぐためにも2桁は勝ちたいところ。「我慢が足りない」と気合を入れようとはしていた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ