トップ > 中日スポーツ > 大相撲 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大相撲】

流血しながら攻めた御嶽海 連敗阻止に「出足は悪くなかった…体しっかり動いた」

2019年11月12日 20時55分

御嶽海(右)が寄り切りで明生を下す

写真

◇12日 大相撲九州場所3日目 御嶽海〇<寄り切り>●明生(福岡国際センター)

 御嶽海が右まぶたに裂傷を負いながら連敗を阻止した。明生との立ち合いでまぶたが3センチほどパックリ。流血しながらも前に攻めての勝利に「出足は悪くなかったと思います。体はしっかり動いたんで」と振り返った。まぶたは縫う可能性もあるが、けがの恐怖心にも打ち勝っていくつもりだ。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ