トップ > 中日スポーツ > 大相撲 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大相撲】

貴景勝 辛くも白星先行「日ごとに相撲勘取り戻すのでは」の声の一方 遠い必勝パターンに終始無言

2019年11月12日 19時56分

記者の質問を受けずに支度部屋を後にする貴景勝(右)

写真

◇12日 大相撲九州場所 3日目(福岡国際センター)

 徳俵をいっぱいに生かし、辛うじて連敗を免れた。貴景勝は立ち合い、大栄翔の突き押しにのけ反って主導権をつかめない。回り込んで攻めに転じても、相手の動きの激しさに手を焼いて仕留めきれなかった。最後は右脚だけで残してはたき込み。物言いの付く際どい一番を、何とかもぎ取って白星を先行させた。

 埼玉栄高の3学年先輩にあたる大栄翔は、2日目に白鵬から金星をゲット。貴景勝も「おめでとう」と祝福したばかりだった。余勢を駆った攻めをしのいだ形だが、電車道でもっていく必勝パターンとはほど遠い。この日も取組後、厳しい表情で無言を貫いた。

 土俵下で一番を見守った藤島審判長(元大関武双山)は「貴景勝は、本調子じゃないから攻めあぐねている。押し切れない」。その上で、秋場所千秋楽で負った左大胸筋肉離れの回復も考慮して「本場所の一番一番が稽古。相撲勘を日ごとに取り戻すんじゃないですか」と付け加えた。

 場所前に「再断裂に気を付けてパワーアップする」と繰り返していた大関。もがきながら、白星を良薬にする。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ