トップ > 中日スポーツ > 大相撲 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大相撲】

高安婚約も兄弟子・荒磯親方は「ないないない」朝稽古では手荒く祝福「優勝してほしいね」

2019年10月31日 20時16分

三番稽古で投げを打ち合う高安(右)と荒磯親方

写真

 大相撲の大関高安(29)=田子ノ浦=が31日、お相手の演歌歌手・杜このみ(30)と福岡県大野城市のホテルで、ツーショット会見を開いた。高安の婚約に、兄弟子・荒磯親方(元横綱稀勢の里)も笑顔だった。

 朝稽古では8勝4敗と衰えない力で、大関を手荒く祝福をしてから取材に対応。「チーム高安で戦ったほうが彼らしい。きっかけがあれば伸びる。優勝してほしいね」と環境の変化によるプラス効果に期待していた。

 一方で、自身の嫁取りは「ないないない」。数日前に報告した高安には「俺のことを気にしないでいいから」と声を掛けたといい、マイペースを強調していた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ