トップ > 中日スポーツ > 大相撲 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大相撲】

貴景勝が土俵に帰ってきた!秋巡業に合流、左大胸筋の肉離れは順調に回復 九州場所へ「出る気持ちで日々を過ごす」

2019年10月16日 18時34分

秋巡業に合流した貴景勝

写真

 大相撲で大関に復帰した貴景勝(23)=千賀ノ浦=が16日、秋巡業に合流した。浜松市で行われた巡業の稽古では相撲こそ取らなかったが、左大胸筋の肉離れからの順調な回復を強調。九州場所(11月10日初日・福岡国際センター)出場に強い意欲を示した。

 「痛みは大丈夫。うかうかしていられない。胸のパワーを戻すことしか考えていない。(九州場所に)出る気持ちで日々を過ごす」

 秋場所優勝決定戦で関脇御嶽海に敗れ、左胸を痛めて苦悶(くもん)の表情を浮かべてから24日。全治約6週間の診断をはね返し、3週間余りという急ぎ足で土俵に戻ってきた。稽古を再開した今月上旬、左胸一帯に痛々しく広がっていた紫色の内出血は、跡形もなくなっていた。

 とはいえ、まだまだ万全でない。「少しずつですね。再断裂したら意味がない」。この日は、四股やすり足など下半身強化が中心だった。

 完全復活の目安は、100%での実戦。「胸を使って腕立て伏せをして、てっぽうを打って。そして手を伸ばす突きの先に、相撲がある」。昨年、初優勝を果たした験の良い九州の土俵へ、まずは一歩前進した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ