トップ > 中日スポーツ > 大相撲 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大相撲】

貴景勝、左大胸筋の肉離れで九州場所出場ピンチ

2019年9月24日 紙面から

千賀ノ浦部屋に入る貴景勝=東京都台東区で

写真

 大相撲秋場所千秋楽(22日・両国国技館)の優勝決定戦で左胸付近を痛めた関脇貴景勝(23)=千賀ノ浦=が23日、東京都内の病院でMRI検査を受け「左大胸筋肉離れ」と診断された。肉離れは「断裂」を意味し、加療期間は「6週間」の重傷。この日、都内の部屋で対応した師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)によれば、手術はしない。秋場所で2桁勝利し、大関復帰を決めたが九州場所(11月10日初日)の出場は厳しい見通し。元横綱稀勢の里(現荒磯親方)を引退に追い込んだ箇所だけに力士生命に関わる可能性がある。

 貴景勝はこの日朝に検査を受け、千賀ノ浦親方に「左大胸筋の断裂」と報告した。都内の部屋を訪れ、約20分間滞在した後、報道陣の質問に「そっとしておいて下さい」と二度繰り返し、車に乗り込んだ。

 その後、親方が対応。「左大胸筋断裂」で加療期間は「6週間」と説明した。診断名に関し親方は後に「肉離れ」に訂正したものの、肉離れとは「断裂」を意味している。一部分か完全か、程度によるものの重傷であるのは間違いない。

 「手術はしない方向」と親方。「治療して時間をかけるしかない。トレーニングは下半身はできる」とまずは治療に専念し、今後を判断していく。10月5日から始まる秋巡業は全休する見込み。

 悲運としか言いようがない。貴景勝は夏場所の御嶽海戦で右膝を負傷。先場所全休し、大関から陥落した。今場所2桁勝利に達し、1場所での大関返り咲きを決めた。

 復活の勢いは止まらず、今場所は12勝まで伸ばし、千秋楽、御嶽海との優勝決定戦。しかしもろ差しを許して敗れた際、左胸付近を痛めた。支度部屋で「切れてる」「やべぇ」と苦しい表情。またも重傷を負ってしまった。

 大関として臨む九州場所の出場も厳しい。九州を全休なら来年1月の初場所がかど番となる。「やったものは仕方がない。(本人は)考えがしっかりしているから自分で計画を立ててしっかりやっていく」と話し、再起の道を歩むのみだ。

 左大胸筋は元横綱稀勢の里の悪夢を思い起こさせる。元稀勢の里は17年春場所で同カ所を負傷。その後、後遺症に苦しみ、途中休場を繰り返すなどして8場所連続で休場した。結局、完治はせず今年初場所で引退に追い込まれた。現役中は「損傷」との診断だったが実は「断裂」だった。

 元稀勢の里は強烈な左のおっつけを武器としたが、負傷により封じられたことで勝てなくなった。貴景勝も同じ左利き。左の押し、いなし、突き落としを武器とするだけに最悪なら力士生命に関わってくる。復活劇から再びの悪夢。23歳、また大きな試練を迎えることになった。 (荒木司)

写真
 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ