トップ > 中日スポーツ > 大相撲 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大相撲】

貴景勝「大関おめでとう」の祝福にノーリアクション 史上初の「大関復帰&優勝」へ虎視眈々

2019年9月19日 23時7分

史上初の快挙に挑む貴景勝

写真

◇19日 大相撲秋場所(両国国技館)

 関脇貴景勝(24)=千賀ノ浦=が平幕妙義龍を突き落として10勝目を挙げ、規定により1場所での大関復帰を決めた。関脇に転落した場所で返り咲きを決めるには10勝が条件で、この規定での復帰決定は現行制度となった1969年名古屋場所以降、夏場所の栃ノ心以来6人目(7度目)となった。12日目で復帰を決めるのは最速。カムバックは昭和以降10人目(11度目)。平幕明生が敗れたため、2敗で単独トップに立った。

 「ひとまず良かったとかじゃなく、とりあえずクリアした。一つの区切りが終わった。もう一つありますから、明日(13日目)から頑張る」。こう話した取組後は帰路でファンからの「大関おめでとう」の祝福にはノーリアクション。喜びに浸っている暇はない。「最後まで頑張って」の声にかすかに頷いた。1場所での大関復帰を決め、かつ優勝すれば史上初の快挙。2度目の賜杯へ突き進む。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ