トップ > 中日スポーツ > 大相撲 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大相撲】

愛知出身の魁勝が関取初白星 次こそしこ名にちなんで快勝宣言

2019年9月11日 15時13分

◇11日 大相撲秋場所4日目(両国国技館)

 新十両魁勝(24)=愛知県西尾市出身、浅香山=が、木崎海を寄り切って関取初白星。押し込まれながら、右で前まわしを引いて形勢逆転した。

 「やっと勝てました」と土俵下で師匠の浅香山親方(元大関魁皇)が審判として見守る中、待望の勝ち名乗りを受けた。しこ名にちなんで「快勝か」と報道陣に問われると苦笑い。「ずっと言いたかったんですけど、きょうはまだです。電車道で勝ったら。ここから一番一番」と気合を入れ直していた。

木崎海(左)を寄り切り、関取初白星を挙げた魁勝

写真
 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ