トップ > 中日スポーツ > 大相撲 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大相撲】

貴景勝「自分はニートみたいなもん」 自虐的分析経て…大関復帰場所、戦闘モードへ

2019年9月7日 23時33分

土俵祭りに参加した貴景勝

写真

 右膝を痛め5月の夏場所9日目に再休場してから4カ月。10勝で大関に復帰できる秋場所へ、関脇貴景勝(23)=千賀ノ浦=が戦闘態勢に突入した。

 初日前日の7日、東京・両国国技館であった土俵祭りに参加した貴景勝は、「(4カ月は)長かった。フラストレーションたまってるし。勝ち負け考えたら終わっちゃう」。秋場所でもやもやを一気に爆発させるつもりでいる。

 「今まで仕事をしてないし、ニートみたいなもん。戦うことが仕事」と自身を冷静に見つめている。緊張も「まったくない、そんなものは。小学生からやってること。4カ月は長かったけど、きっかけをつかむ4カ月にしようとやってきた」と受け流す。

 場所前にできた関取衆との申し合いは計15番と少なかったが、気迫で相撲を取るタイプ。初日は埼玉栄高の先輩、大栄翔戦。2日目は再休場の相手となった碧山戦。大栄翔には2連勝中だが「負けても14日間ある」と腹をすえる。

 「気持ちで負けてはだめ」。自身に言い聞かせていた。(岸本隆)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ