トップ > 中日スポーツ > 大相撲 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大相撲】

本社の大島社長が横審入り

2019年7月26日 紙面から

写真

 日本相撲協会は25日に開いた理事会で、横綱審議委員会(横審)の新委員として来年初場所から中日新聞社の大島宇一郎社長(55)=写真=に委嘱することを決めた。任期は1期2年、最長で5期10年。

 この日、委嘱を受けた大島社長は「このたびの委嘱は大変光栄であるとともに重責を感じております。いまの2人の横綱と、将来、綱を張ることになる力士とともに、国技である相撲の伝統、文化を守り、さらなる発展に尽力いたします」とコメントした。

 横審は横綱推薦、そのほか横綱に関する諸種の案件について、相撲協会の諮問に答申などを行う。委員は相撲を愛好し相撲に深い理解を有する各方面の良識者から理事長が委嘱する。 (岸本隆)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ