トップ > 中日スポーツ > 大相撲 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大相撲】

立ち合い遅れ、初めて寄り切られた 白鵬、逸ノ城は「成長したな」

2019年7月16日 紙面から

逸ノ城に敗れ、座布団が舞う場内を引き揚げる白鵬(田中久雄撮影)

写真

◇名古屋場所<9日目>

 負けるときはこういうものなのか。初日から8連勝と星を伸ばしていた白鵬が、逸ノ城にあっさりと寄り切られた。

 逸ノ城には過去2度の黒星を喫しているが、真正面から寄り切られたのは初めて。もろ差し狙いでいった立ち合いで少し立ち遅れ、棒立ちに。白鵬は「まあ、それが全てだね」とつぶやいた。

 十分に警戒はしていたはず。この日の朝も「今場所はそれなりに前に出ている印象はある」と逸ノ城の馬力に注意を払っていた。好不調の波が激しく、なかなか殻を破らない逸ノ城のことを、ずっと期待の力士として名前を出し続け、「私も上がってくるころはそんな感じだった」と自身とダブらせてもいた。

 だからこそ、壁となって立ちはだからねばならなかった。逸ノ城にはこれが初めての金星配給となり、「横綱でもちょっとのミスがね、負けになりますからね」と悔しさをかみ殺した。

 だが、まだ1敗。敗れはしたが「成長したって感じですね」と逸ノ城の強さを素直に認め、気持ちをリセットして10日目に臨む。 (岸本隆)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ