トップ > 中日スポーツ > 大相撲 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大相撲】

父の名継ぎ親子三代関取 琴鎌谷改め琴ノ若、目指すは祖父の琴桜

2019年5月30日 紙面から

佐渡ケ嶽親方(右)と記念撮影に応じる琴鎌谷改め琴ノ若。中央は母方の祖父で元横綱琴桜の優勝額レプリカ=千葉県松戸市の佐渡ケ嶽部屋で

写真

 日本相撲協会は29日、東京・両国国技館で大相撲名古屋場所(7月7日初日、ドルフィンズアリーナ)の番付編成会議を行い、琴鎌谷改め琴ノ若(21)=佐渡ケ嶽=ら4人の新十両昇進を決めた。琴ノ若の父は師匠の佐渡ケ嶽親方(元関脇琴ノ若)、母方の祖父は元横綱琴桜(故人)。史上10組目の親子関取で、親子三代関取の誕生となった。

 父である師匠のしこ名を継承した二代目琴ノ若は、控えめな言葉の中にも揺るぎない決意を込めた。

 「全然顔じゃない(分不相応)ですけど、この名に恥じぬよう、上を目指して精進します」

 そして、姓名でいう名には、祖父であり先代佐渡ケ嶽親方の元横綱琴桜が大関、横綱時代に名乗っていた傑将(まさかつ)から傑を継承。本名の将且(まさかつ)から「傑太(まさひろ)」に改名した。

 名を受け継ぎ、親子三代の関取に。「偉大な名前の一字をいただいた。それに恥じぬよう精進したいと思います」と口元を引き締めた。

 生まれたときは「先代が一番喜んでいた。万歳して喜んでいた」と師匠が話すほど、先代からかわいがられた。小学3年生のとき、ある約束をしたという。

 「お前が上がったら(琴桜の)しこ名をやる、と言われた」と琴ノ若。師匠は「でも横綱ですので、最低でも大関にならなければやらない、と先代は言っていたみたいです。目標にもなりますし」。琴ノ若もその気構えだ。「そのくらい(大関以上)にならないと名乗れない」と奮起する。

 会見前に師匠とともに部屋近くにある先代の墓前に昇進を報告した。琴ノ若から琴桜へ。親子三代の物語が名古屋場所で幕を開ける。 (岸本隆)

<琴鎌谷改め琴ノ若(ことのわか=本名鎌谷将且)> 1997(平成9)年11月19日生まれ、千葉県松戸市出身の21歳。189センチ、153キロ。佐渡ケ嶽部屋。父は師匠の佐渡ケ嶽親方(元関脇琴ノ若)、母方の祖父は元横綱琴桜の故・鎌谷紀雄さん。強豪の埼玉栄高から2015年九州場所初土俵。得意は右四つ、寄り、押し。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ