トップ > 中日スポーツ > 大相撲 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【大相撲】

親方自らサプライズガイド!? 稀勢の里特別展

2019年4月23日 紙面から

23日から始まる稀勢の里特別展を前に、報道陣に展示品を紹介する荒磯親方=両国国技館の相撲博物館で(岸本隆撮影)

写真

 初場所で現役を引退した元横綱稀勢の里(荒磯親方)の特別展(23日から6月14日、東京・両国国技館内の相撲博物館)の初日を前日に控えた22日、荒磯親方が報道陣に展示品を紹介した。

 横綱土俵入りで使用した「北斗の拳」の三つぞろいの化粧まわしや太刀のほか、稽古用の白まわしなど普段ではなかなか間近で見ることが難しい品物が多数展示される。

 5月12日から始まる夏場所中は多数の来場者が予想されるが、同親方は「このように見ることができるのは自分でもない貴重な経験。機会があれば自分から案内します。ここにいるかもしれません」とサプライズのサービスを示唆。大相撲ファンにとっては楽しみな企画になりそうだ。荒磯親方は9月29日に国技館で引退相撲を開催する。 (岸本隆)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ