トップ > 中日スポーツ > 大相撲 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【大相撲】

白鵬、日本国籍取得へ

2019年4月18日 紙面から

春巡業で取材に応じる横綱白鵬=東京都大田区で

写真

 大相撲の横綱白鵬(34)=宮城野=が日本国籍取得の手続きを開始した。17日、モンゴル主要紙が同国国籍の離脱を同国政府に申請していることを報道、本人も東京都大田区で行われた春巡業で取材に応じ「あとは結果を待つだけ」と認めた。史上最多42度の優勝を誇る大横綱は引退後、親方となるために必要な日本国籍を取得する意向を示していた。

 17日付の複数のモンゴル主要紙が白鵬の国籍離脱申請を報じた。オドリーン・ソニン紙によると、白鵬は申請を先週、大統領府に提出した。モンゴル出身の元小結旭鷲山で同国相撲協会のダバー・バトバヤル会長もこの日、本人から申請を聞いたと明らかにした。

 外国出身力士が親方になるには日本国籍が必要となる。白鵬は以前から引退後も角界に残ることを見据え、モンゴル国籍を離脱して日本国籍を得る意思を示してきた。

 昨年4月9日、最愛の父・ムンフバトさんが亡くなった。モンゴル相撲の横綱で1968年メキシコ五輪にレスリングのフリースタイル87キロ級で出場し、同国に初のメダル(銀メダル)をもたらしたモンゴルの英雄だった。愛息の国籍変更には難色を示していたが、2年ほど前には容認していた。

 父の死から1年。同じくモンゴルの英雄でもある白鵬は、同国内での反発も覚悟の上で、決意を固めた。

 この日、白鵬は春巡業先の東京都大田区で「あとは結果を待つだけと思います」と明言。日本国籍取得の手続きを両国で開始し、結果を待っている状態であることを認めた。

 一方で「今この時点でこうです、ああですと言うのはまだ早い。両国のこともあるから。こういう形でニュースになるのはちょっとびっくり。今は私の口からはこれ以上のことは言えない」と、まだ途中経過であることも踏まえて慎重な口ぶりだった。

 2007年に日本人の紗代子さんと結婚し、子供も4人おり、早期の手続きが見込める。日本国籍保有なら著しい功績が認められ、現役時代のしこ名を名乗る「一代年寄・白鵬」が贈られる可能性はある。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ