トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

瞬間最高30・2%!一山麻緒がナゴヤドームに入るシーン 名古屋ウィメンズマラソン視聴率[名古屋地区]

2020年3月9日 11時5分

名古屋ウィメンズマラソンで2時間20分29秒をマークし、優勝した一山麻緒

写真

 8日に東海テレビで放送され、一山麻緒(ワコール)が優勝した名古屋ウィメンズマラソンの視聴率が19・0%で、瞬間最高が30・2%と高い数字をマークしたことが9日、ビデオリサーチの調べで分かった。昨年の平均視聴率は14・2%だった。

 東京五輪マラソン女子代表最後の1枠がかかったレース。1月の大阪国際女子で松田瑞生(ダイハツ)が記録した2時間21分47秒を超えるかどうか注目が集まった。一山は30キロ手前で飛び出し、大会新記録となる2時間20分29秒でゴール。日本歴代4位、さらに野口みずきの持つ2時間21分18秒の国内最高記録も更新する劇的な展開となった。瞬間最高視聴率は、その一山がトップでゴール地点のナゴヤドーム入口に入ってくるシーンだった。

 占拠率も35・3%だった。数字はいずれも名古屋地区。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ