トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[名古屋ウィメンズマラソン]5大会連続五輪目指した37歳・福士加代子は途中棄権…「今後に向けては、一度リセットした上で、冷静なプランを考えたい」

2020年3月8日 19時27分

途中棄権した福士加代子(左)は、スタンドにいた関係者と話し涙ぐむ

写真

 トラック種目を含めて5大会連続の五輪出場を目指した福士加代子(37)=ワコール=は、30キロすぎで途中棄権した。

 レース終了後、リリースで永山忠幸監督(60)との合同コメントを出した。

 「本日のナゴヤウィメンズマラソン2020は、15キロ近くでレースペースをうまくつかめず、20キロまでの間で何とか集団の中でリズムをつかもうとしたが、思うように体が動かなかった。その時点で体が冷えてしまって、動きが硬くなり、心と体がレースペースに反応できなかった。途中棄権は全く考えていなかったが、自分の思ったようなレース展開をつくれなかったため、自分自身で判断して30キロで棄権を選択した。今後に向けては、一度リセットした上で、冷静なプランを考えたいと思います」

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ