トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

嬉しい悲鳴!? 報奨金の残金800万円しかない?一山麻緒に1000万円チームに500万円…「ない袖は振れない…」

2020年3月8日 16時46分

規定なら1000万円ゲットだが…

写真

◇8日 名古屋ウィメンズマラソン(ナゴヤドームを発着する42・195キロ)

 名古屋ウイメンズマラソン(中日新聞社など主催)を優勝した一山麻緒(22)=ワコール=の優勝タイムは2時間20分29秒。この記録は日本実業団陸上連合が設定した選手に1000万円、チームに500万円の報奨金を与える2時間21分59秒以内という設定記録Aを突破している。

 しかし、ここにきての好記録連発で、報奨金の残金が800万円ほどしかないといわれている。この点をレース後の会見で尋ねられた日本陸連の河野匡長距離マラソンディレクターは「できるだけ選手の頑張りに応えたいと思っていますが、ない袖は振れない…」と悩ましげな表情。同連合の理事も務めているだけに「実業団ではこの後の協賛金集めをぎりぎりまで頑張ると言っていた。まだ大丈夫なので、志のある方は協賛していただきたい」と報道陣を通じて呼び掛けた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ