トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

3年前の名古屋と同タイムで走れば五輪代表の安藤友香「今まで通り自分らしく」無欲で再現狙う

2020年3月6日 23時28分

記者会見する安藤友香

写真

 東京五輪マラソン女子代表の残り1枠を決める最終選考会となる名古屋ウィメンズマラソン(8日、ナゴヤドーム発着)の招待選手7人が6日、名古屋市内で会見した。五輪代表は1月の選考会、大阪国際女子マラソンで松田瑞生(ダイハツ)が出した2時間21分47秒を切り、日本人最上位になるのが条件。該当者なしの場合は松田が代表になる。

 日本の出場選手最速となる2時間21分36秒の自己ベストを持つ安藤友香(ワコール)は自然体を強調した。「五輪の選考会として注目されているけど、やることは変わらない。今まで通り自分らしく。納得できる状態で今を迎えられているわけではないが、諦めず、持っている力を出し切る」。自己ベストで日本人トップの2位となった3年前の名古屋と同じように、無欲でスタートラインに立つ。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ