トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

『テニスの妖精』シャラポワ引退 インスタで「テニスにグッバイ」四大大会通算5勝も…近年は故障で低迷

2020年2月26日 23時16分

子どものころの自身の写真を掲載し、引退を発表したシャラポワ(本人のインスタグラムより)

写真

 女子テニス元世界ランキング1位でロシアのマリア・シャラポワ(32)が26日、自身のインスタグラムを更新。「テニスにグッバイ」と引退を表明した。

 4歳でテニスを始め、9歳で米国に渡ったシャラポワは2004年にウィンブルドン選手権を17歳で制して脚光を浴びると、フォアハンドを武器に05年にロシア女子初の世界ランキング1位に浮上。12年の全仏オープンを制して史上10人目の生涯グランドスラムを達成するなど四大大会で通算5勝をマークしたが、近年は故障などで低迷していた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ