トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

名古屋ウィメンズマラソン 新型肺炎で一般ランナーは代替"オンライン開催"変更 エリートの部は予定通り

2020年2月20日 17時0分

2019年の名古屋ウィメンズマラソン

写真

 3月8日の「名古屋ウィメンズマラソン2020」について実行委員会は20日、「エリートの部」はナゴヤドームを発着点とするコースで予定どおり開催するが、一般ランナーに関しては、コースを使用しない代替の「オンラインマラソン」を用意すると発表した。日本国内で新型コロナウイルスの感染拡大が確認されている中、安全な運営管理を実施するのが困難と判断したための措置。

 「オンラインマラソン」は専用のスマートフォンアプリを使用するシステムで、場所を選ばずにどこからでも参加できるため、密集を避けることで感染症のリスクを減らせる。実行委員会は世界各国から参加するランナーの環境を考え、開催期間やルールなどの実施詳細を検討中。3月2日までに登録方法を含め、詳細を決めるとしている。

 一般ランナーには参加賞(チャリティーエントリーはチャリティーTシャツも)を贈り、「オンラインマラソン」で完走したランナーには、ティファニーペンダント等の完走賞とオンライン版完走証を参加賞とともに贈る。

 また3月7〜8日に予定していた「名古屋シティマラソン」のランナーにはハーフマラソン、クオーターマラソン、チャレンジマラソンの参加賞(チャリティーエントリーはチャリティーTシャツも)を贈る。こちらも代替の「オンラインマラソン」が用意され、完走者にはオンライン版完走証を贈る。

 「名古屋ウィメンズマラソン」「名古屋シティマラソン2020」とも申し込み規約に準じて返金はせず、2021年大会の出走権もない。チャリティーエントリーの寄付金は予定通り寄付される。

 また「名古屋ウィメンズホイールチェアマラソン2020」は感染拡大の予防措置を講じながら開催する。マラソンEXPOは中止となる。

 予定どおりコースで行われる「エリートの部」「ホイールチェアマラソン」に関して、実行委員会は沿道での応援自粛を呼び掛けている。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ