トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

猫ひろしも走れニャイ!! 東京マラソンが一般参加中止を発表…準エリート枠の海外ランナーも出場できず

2020年2月17日 20時23分

猫ひろし

写真

 東京マラソンの主催団体が17日に一般参加者の出場を取りやめ、エリート選手のみで実施すると発表したことを受け、お笑いタレントで2016年リオ五輪カンボジア代表の猫ひろし(42)が同日、自身も大会に出走できなくなったことをツイッターを通じて明かした。

 「外国人準エリート枠の私も今回の東京マラソンは走れず。でも落ち込んでてもしょうがない。良い調子で練習こなしてるから、次の大会早く見つけてそこで絶対自己ベスト更新する! やってやるって! ニャー」とつづった。

 定員は約3万8000人だったが、出場者は200人程度となる見通し。東京マラソンでは大会のレベルアップを狙って2016年から海外のランナーを対象に準エリート枠を設けている。規模縮小は新型コロナウイルスの感染拡大を懸念しての措置。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ