トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

萩野公介、200個人メドレーで大学生に競り負け2位 東京五輪代表へ険しい道のり

2020年2月16日 20時51分

男子200メートル個人メドレーで2位となった萩野公介のバタフライ

写真

▽16日 競泳・コナミオープン最終日(東京辰巳国際水泳場)

 男子200メートル個人メドレーのリオデジャネイロ五輪銀メダリスト、萩野公介(25)=ブリヂストン=は同種目決勝で1分59秒23の2位だった。

 自身の日本記録からは4秒以上遅れ、大学生に競り負ける2位という結果にも萩野は「いろいろな人に怒られちゃうかもしれないけど、この時期におまえ何を言っているんだと言われるかもしれないけど、1本全力で集中して泳いで、いち水泳選手としてあれたと思う」と懸命に前を向いた。

 東京五輪代表になるには、4月の日本選手権の決勝で、日本水連の派遣標準記録1分57秒98を突破した上で優勝、もしくは既に代表に内定している瀬戸大也(ANA)以外に負けない2位になることが条件。「まずは本当に4月に代表になることを第一に考えないといけないと思う」と厳しい現状を見据えた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ