トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

厚底シューズを履かない松田瑞生が大阪国際女子マラソンV 2時間21分47秒で東京五輪最後の切符に大きく前進!!

2020年1月26日 14時39分

◇第39回大阪国際女子マラソン(26日 ヤンマースタジアム長居発着)

大阪国際女子マラソンで優勝した松田瑞生。東京五輪代表の派遣設定記録を突破し、代表入りに前進した

写真

 MGCファイナルチャレンジ第2戦にMGC3位小原怜(29)=天満屋=、同4位松田瑞生(24)=ダイハツ=、同7位福士加代子(37)=ワコール=らが参加した。MGCファイナルチャレンジ第1戦として実施されたさいたま国際マラソン(12月8日)では該当者が出なかったため、東京五輪最後の椅子を巡る戦いは今回の大阪国際女子と3月8日に行われる名古屋ウィメンズの2大会。2時間22分22秒以内の日本人1位で走れば、東京五輪の代表権を獲得できる可能性があるとあって、序盤から激しいレース展開となった。

 

 そんな中、輝きを放ったのが松田だ。序盤から先頭集団にとりつくと、31キロ過ぎに猛然とスパート。力強い走りで後続をグングンと引き離していく。松田が使用するシューズはマラソン界を揺るがすナイキ社の厚底ではなく、伝説のシューズ職人の三村仁司氏作のニューバランス社の非厚底。「三村さんの愛が伝わりすぎてます」と愛着のあるシューズでゴールテープを切った。注目の記録は2時間21分47秒。名古屋ウィメンズマラソンでこのタイムを上回る日本人選手が出なかった場合は、松田が東京五輪切符を獲得することになる。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ