トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

名古屋オーシャンズPO決勝初戦はドロー!次戦引き分け以上でリーグ3連覇決定も…勝って決める!!

2020年1月25日 20時8分

決勝第1戦を引き分けで終えた名古屋オーシャンズ

写真

◇Fリーグプレーオフ決勝第1戦(25日・武田テバオーシャンアリーナ)名古屋オーシャンズ△2-2△バサジィ大分

 日本フットサルリーグ(Fリーグ)の年間王者を決めるプレーオフ決勝の第1戦が25日、名古屋市港区の武田テバオーシャンアリーナで行われ、名古屋オーシャンズがバサジィ大分と2―2で引き分けた。26日の第2戦で引き分け以上ならば、3年連続12度目の優勝が決まる。

 開始20秒、ペピータの強烈な先制弾で好スタートを切ったオーシャンズが、思わぬ苦戦を強いられた。後半5分にカウンターから同点弾を献上。同11分に勝ち越したが、3分後に再び同点に追い付かれた。大分の倍の32本のシュートを放ったが決め切れず、星主将は「決勝の舞台は内容ではなくスコアで全部が決まる」と語った。

 リーグ戦の順位が上のオーシャンズは、引き分けでもリーグ3連覇が決まる。だが、この日1得点1アシストのペピータは「私たちは守備を固めて引き分けを狙いにいくチームではない」。Fリーグ界の絶対王者には、勝ってつかむチャンピオンの称号こそふさわしい。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ