トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[NFL]半世紀にわたった屈辱の歴史に終止符…チーフスが50季ぶり3度目のNFLスーパーボウル進出

2020年1月20日 20時23分

パトリック・マホームズ

写真

 NFLのプレーオフは19日、カンザスシティーなどでカンファレンス決勝2試合が行われ、AFCはチーフスが50季ぶり3度目、NFCは49ersが7季ぶり7度目のスーパーボウル(2月2日・マイアミ)進出を決めた。チーフスはQBパトリック・マホームズ(24)が3TDパスを通し、ランでもTDを挙げてタイタンズに35―24で逆転勝ちした。

 前半終了直前、7万3656人の期待を集めた司令塔が、スクランブル発進した。巧みなステップで守備2人をかわし、左サイドラインを駆け上がる。最後は、3人のタックルを振り払うようにエンドゾーンへ。第2クオーター残り11秒、21―17とこの試合初のリードを奪う27ヤードのTDランだ。「レシーバーが全員2人がかりでカバーされていたので走った。チームメートのブロックも良かった」とマホームズ。スーパースターのビッグプレーで決定的に流れは変わり、50シーズンぶりのスーパーボウル進出を決めた。

 チーフスは1966年シーズンの第1回大会に出場し、第4回大会では優勝した名門。それ以降は、常に上位で人気もありながら、1度も出場できなかった。この日、半世紀にわたった屈辱の歴史は終わった。パス294ヤード3TD、ラン53ヤード1TDと活躍したマホームズは「チーフス王国の地元で(SB出場を)決められた。素晴らしい。でも、まだ終わりじゃない」と頬をを紅潮させ、頂点を見据えた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ