トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

中学2年生が8強!小塩遥菜6回戦で元大学女王を撃破 次は『最強』伊藤美誠と激突

2020年1月17日 19時25分

女子シングルス6回戦を突破した小塩遥菜

写真

◇17日 卓球全日本選手権 第5日 女子シングルス(丸善インテックアリーナ大阪)

 卓球の全日本選手権の第5日が17日、丸善インテックアリーナ大阪であり、女子シングルスで中学2年生の小塩遥菜(14)=エリートアカデミー、岐阜市出身=が8強入りした。18日の準々決勝では第一人者の伊藤美誠(スターツ)に挑戦する。

 小塩は5回戦で奥下茜里(日大)を4―0のストレートで退けると、6回戦では2018年全日本大学選手権優勝の安藤みなみ(十六銀行)を4―2で撃破。カットマンのスタイルで相手の攻撃を粘り強くはね返し、「我慢強く戦った。ベスト8はうれしい」とはにかんだ。

 次は大会前から目標にしてきた伊藤戦。「練習では相手にならなかった。勝ち目がないのはわかっているけど、1点でも多く取りたい」と無欲で女王に挑む。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ