トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

国内最強ペアに”嫉妬”の声…伊藤美誠&森薗政崇の混合ダブルス3連覇に「ちょっとショック」の男がいた

2020年1月16日 20時22分

3連覇の森薗、伊藤組

写真

 卓球の全日本選手権第4日は16日、丸善インテックアリーナ大阪で行われ、混合ダブルスで森薗政崇(BOBSON)、伊藤美誠(スターツ)組が3連覇を決めた。決勝では張本、長崎組を3―1で下した。

 森薗と組んで混合複の3連覇。伊藤が3年連続3冠に向けて第一関門を突破した。抜群のコンビネーションで難敵を破った2人は自他ともに認める”国内最強ペア”。ただ、強さを見せつければ見せつけるほど、ある”問題”が浮上してくる。

 東京五輪の新種目である混合ダブルスで伊藤とペアを組むのは、現時点では水谷隼(木下グループ)の予定。水谷は「きょう優勝したので森薗の方がいいとか言われたら、ちょっとショックです」と”男の嫉妬”もチラリ。「今年はもう、彼女をびっくりさせるくらい練習して引っ張っていきたい」と気を引き締めた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ