トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

額と心に刻まれた深い傷… バドミントン桃田賢斗が“厳戒帰国”

2020年1月16日 紙面から

マスクにサングラス姿で帰国した桃田賢斗(左)=成田空港で(武藤健一撮影)

写真

 マレーシア遠征中に交通事故に巻き込まれて負傷したバドミントン男子シングルス世界ランク1位の桃田賢斗(25)=NTT東日本=が15日、成田空港に“厳戒帰国”した。空港の到着ロビーに姿を見せた桃田はしっかりした足取りだったものの、言葉を発することなく取材陣の前を通過した。

 痛々しい傷が事故の衝撃を物語る。報道陣約150人、テレビカメラ約30台、一般客約330人が待つ到着ロビーに桃田が姿を見せた。無数のフラッシュを浴びると、黒いキャップをかぶった桃田の額に深い傷と縫い跡が浮かび上がった。さらに、鼻と唇の裂傷を守るかのようなマスクとサングラス。物々しさが端的に見て取れた。

 「大丈夫ですか」と声も飛ぶ中で、関係者が慎重にガード。しっかりとした足取りで歩く桃田は時折ファンや報道陣に会釈をする場面もあったものの、その表情はマスクやサングラスに隠れてうかがえず、言葉も発しなかった。

 出迎えた日本バドミントン協会の銭谷欽治専務理事と握手し、肩をたたかれ関係者口へ。同じ事故に遭い、車いすでの帰国となった平山優コーチ、右腕骨折の森本哲史トレーナーも無言。厳戒態勢のまま帰路についたとみられる。

 負傷したのは、マレーシア・マスターズで優勝した翌日の13日午前5時ごろ。帰国で空港に向かうために乗っていたワゴン車が高速道路で大型トラックに追突した。同乗していた24歳の運転手は死亡、桃田は顔面3カ所の裂傷と全身打撲を負った。

 関係者によると、桃田は14日夜にクアラルンプール近郊の病院から空港近くのホテルに移動して宿泊。15日午前の航空機で帰国の途に就いた。今後は日本国内でも精密検査を受ける予定。額をはじめとする顔面裂傷、全身打撲の経過観察はもちろん、同乗していた運転手が目の前で亡くなったという悲惨な事態に対する精神的なケアも必須となる。

 経過が順調なら3月11日に開幕する全英オープン(バーミンガム)で実戦復帰する見通し。東京五輪金メダル候補の一日も早い回復が待たれる。 (川村庸介)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ