トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

張本の妹・美和が敗退に悔し涙 「一球一球が苦しくて、1点取るだけでも難しかった」11歳成長誓う

2020年1月15日 21時20分

小塩遥菜(右)に敗れ、悔しがる張本美和

写真

◇15日 卓球 全日本選手権第3日(丸善インテックアリーナ大阪)

 東京五輪代表の張本智和の妹・美和(木下グループ)はジュニア女子4回戦で、世界ジュニア準優勝の小塩に1ー3で敗れた。「一球一球が苦しくて、1点取るだけでも難しかった。やっぱり強いと感じた」。3学年上のカットマンに屈した11歳は悔し涙。今大会のすべての試合を終え、「来年はもっと強くなって全日本に来たい」と成長を誓った。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ