トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[クライミング]野口啓代2020年のテーマは「最」集大成の五輪へ 男子・楢崎智亜は「叶」

2020年1月11日 16時21分

表彰式に出席した楢崎智亜(右)と野口啓代

写真

 日本山岳・スポーツクライミング協会は11日、東京都内で昨シーズン表彰式を行い、昨年8月のスポーツクライミング世界選手権で男子複合王者の楢崎智亜(ともあ、23)、女子複合銀メダルで楢崎とともに東京五輪代表入りを決めた野口啓代(あきよ、30)=ともにTEAM au=が表彰された。

 東京五輪で競技人生を終える予定の野口は、元旦の書き初めで一文字で「最」と書いたことを明かし「最初で最後の五輪。最高のパフォーマンスをします」と誓った。楢崎が書いたのは「叶」で「五輪で優勝する姿をずっとイメージしてきた。その夢がかなう。ワクワクします」と説明した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ