トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[卓球]張本「うれしい」 小5時に水谷と約束「一緒に五輪の団体で戦おう」

2020年1月7日 紙面から

東京五輪出場が決まった張本(左)と石川=東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで(平野梓撮影)

写真

 日本卓球協会は6日、東京都内で記者会見し、東京五輪代表の男女各3人を発表した。団体要員には男女とも世界ランキングで日本勢3番手となる男子16位の水谷隼(30)=木下グループ=と女子11位の平野美宇(19)=日本生命=を選出。シングルス代表は男子が世界5位の張本智和(16)=木下グループ=と15位の丹羽孝希(25)=スヴェンソン、女子は3位の伊藤美誠(19)=スターツ=と9位の石川佳純(26)=全農=が正式に決まった。新たに採用された混合ダブルスで水谷とペアを組むことが発表された伊藤は大阪市内で取材に応じ、シングルス、団体と合わせた「3冠」を目標に掲げた。

 初の五輪出場となる張本が取材に応じ、小学5年のとき、一緒に出演したテレビ番組で水谷から「一緒に五輪の団体戦で戦おう」と声を掛けられたことを明かした。「自分が卓球を始めてから、ずっと見ていたのが水谷さん。団体戦の心強さは誰よりもある選手。一緒に戦えるのはうれしいし、一緒に頑張りたい」と声を弾ませた。

<張本智和(はりもと・ともかず)> 2003(平成15)年6月27日生まれ、宮城県出身の16歳。172センチ。神奈川・日大高1年。14歳だった17年にワールドツアー、チェコ・オープンのシングルスで史上最年少優勝。18年は全日本選手権、グランドファイナルのシングルスも最年少で制した。世界ランキング5位。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ