トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[卓球]混合ダブルスは水谷と金を! 伊藤美誠、高らかに「金3個」宣言

2020年1月7日 紙面から

東京五輪で「卓球3冠」狙う。笑顔の伊藤=大阪市内で

写真

 日本卓球協会は6日、東京都内で記者会見し、東京五輪代表の男女各3人を発表した。団体要員には男女とも世界ランキングで日本勢3番手となる男子16位の水谷隼(30)=木下グループ=と女子11位の平野美宇(19)=日本生命=を選出。シングルス代表は男子が世界5位の張本智和(16)=木下グループ=と15位の丹羽孝希(25)=スヴェンソン、女子は3位の伊藤美誠(19)=スターツ=と9位の石川佳純(26)=全農=が正式に決まった。新たに採用された混合ダブルスで水谷とペアを組むことが発表された伊藤は大阪市内で取材に応じ、シングルス、団体と合わせた「3冠」を目標に掲げた。

 混合ダブルスのサプライズ発表。女子シングルス、団体戦、混合ダブルスの3種目に出場することが決まった伊藤は「五輪で初めての3種目になる。初めての金3つを目指して頑張っていけたら」と意気込んだ。壮大な目標は、決して夢物語ではない。

 最新の世界ランクは自己最高の3位。水谷との混合ダブルスは4位に位置し、12月のワールドツアー・グランドファイナルでは世界選手権優勝の許キン、劉詩ブン組(中国)に2−3で惜敗するなど好成績を残している。日本男子の倉嶋洋介監督は記者会見で「昨年は8大会で5度の決勝進出をしているほどの安定感、実力も兼ね備えているので、文句なし」と期待を口にした。

 伊藤も胸を躍らせる。「すごくうれしい。水谷選手と分かり合っているのは女子選手で私しかいない」。水谷の父が静岡県磐田市につくったクラブで幼少期から一緒に練習した仲。「年齢は離れているけど、水谷選手に(意見を)言える選手はほとんどいないと思う。水谷選手と組むなら、私も言える立場でないといけない。そういうところではいいペアなのかな」と、11歳年下ながら“かかあ天下”も辞さない構えだ。

 初の五輪だった2016年リオデジャネイロ大会では団体銅。福原愛、石川佳純の妹分だった前回から女子のエースへと立場は変わったが、気負いはない。「目の前の試合に集中していくのが一番自分らしいと思う」。まずは、3年連続3冠がかかる全日本選手権(13日開幕、大阪)で爪を研ぐ。 (船曳陽子)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ