トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[競泳]瀬戸大也がパパになった萩野公介にエール「仲間でうれしい」五輪イヤーは自然体で勝つ!!

2020年1月4日 18時27分

水泳教室で子どもたちに始動する瀬戸大也(左)

写真

 競泳男子200メートル、400メートル個人メドレーで東京五輪代表に内定している瀬戸大也(25)=ANA=が4日、東京都内で行われた味の素社のイベントに出席、東京五輪イヤーの2020年を迎え「東京オリンピックは自分のオリンピックにするという強い気持ちで過ごしたい」と意気込みを新たにした。

 年明けの瞬間を「バタバタ忙しく過ごしていてカウントダウンもしていないので、普通に2020年が始まった感じだった」と振り返った瀬戸。特別に構えることなく五輪イヤーに突入したこともあり「この普通というのが五輪本番にもいいと思う。レースでも集中して普段通りの泳ぎをすればいいパフォーマンスができると思うので、今年は自分らしくやっていければ」と心意気を語った。

 昨年末にはライバルの萩野公介(ブリヂストン)に第1子が誕生。「本当におめでたいこと。公介にもパワーが増えたので、自分も頑張りたい」と祝福しつつ「東京五輪がパパ対決になるとは思わなかった。仲間ということでうれしい。今回の東京五輪は勝つ」と金メダルは譲らない気持ちをした。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ