トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[高校サッカー]昌平が初の8強! 篠田が後半ロスタイム劇的決勝弾

2020年1月4日 紙面から

国学院久我山−昌平 後半終了間際、決勝ゴールを決めて喜ぶ昌平の篠田(中)=浦和駒場スタジアムで(戸田泰雅撮影)

写真

◇全国高校サッカー選手権 第4日<3回戦> 昌平1−0国学院久我山

 サッカーの第98回全国高校選手権は3日、さいたま市の浦和駒場スタジアムなど4会場で3回戦を行い、関東勢では昌平(埼玉)が初の、矢板中央が3大会連続での8強進出となった。日大藤沢(神奈川)は0−0からのPK戦の末、敗退した。高円宮杯U−18プレミアリーグファイナルを今季制し、2冠を狙う青森山田、静岡学園、四日市中央工(三重)など強豪もベスト8に名を連ねた。準々決勝は5日、等々力陸上競技場(川崎市)など2会場で行われる。

   ◇

 場内に表示された後半のロスタイム2分がちょうど経過しようとした、そのときだった。後半23分から途中出場していた昌平のルーキー、篠田大輝が劇的決勝弾をたたき込んだ。左からのパスを受け、左足を一閃(いっせん)。ボールはクロスバーに当たった後にゴールネットを揺らした。

 右手を突き上げた殊勲のMFは試合後、「とても気持ちよかったです」と千金の一発を振り返った。「(0−0で終了して)PK戦になるのはちょっと嫌でした。その前に自分で勝負を決めることができてうれしかったですし、ホッとしています」と、笑顔を見せた。

 藤島崇之監督(39)は篠田の決定力に期待し、「点を取れ」とピッチに送り出したという。その能力を信じ、「最後に篠田のところにボールが来ないかな」と願ったが、思い通りの結末が訪れた。

 初の8強入りを果たした昌平は2連覇を狙う青森山田と準々決勝で激突する。浦和ジュニアユースの出身だが、同ユースに進むことができずに昌平にやってきた篠田にとっては、願ったりかなったりの対戦になった。

 高校サッカーでプレーするにあたり、目標の一つを「青森山田に勝つこと」と定めた1年生は、「一番倒したかった相手が目の前にいます。そこを倒せば、自分が望んできたことが一つかないます」と意気込んだ。ここまでの2試合は地元埼玉でのゲームだったが、次戦は神奈川に乗り込む。「勝って、(県予選で準決勝と決勝を戦い、今大会でも準決勝以降の舞台となる)埼玉スタジアムに戻りたいと思います」と、気合十分の表情で自らにミッションを課した。 (関孝伸)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ