トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[高校サッカー]矢板中央は3大会連続8強! “谷間世代”が今大会初の完封勝利

2020年1月4日 紙面から

鵬学園−矢板中央 後半、ゴールを決め喜ぶ矢板中央の左合(中央)=フクダ電子アリーナで(平野皓士朗撮影)

写真

◇全国高校サッカー選手権 第4日<3回戦> 矢板中央2−0鵬学園

 サッカーの第98回全国高校選手権は3日、さいたま市の浦和駒場スタジアムなど4会場で3回戦を行い、関東勢では昌平(埼玉)が初の、矢板中央が3大会連続での8強進出となった。日大藤沢(神奈川)は0−0からのPK戦の末、敗退した。高円宮杯U−18プレミアリーグファイナルを今季制し、2冠を狙う青森山田、静岡学園、四日市中央工(三重)など強豪もベスト8に名を連ねた。準々決勝は5日、等々力陸上競技場(川崎市)など2会場で行われる。

   ◇

 県予選初戦から数えて今冬7試合目にして初の無失点勝利に、矢板中央の高橋健二監督(51)は「谷間の世代と言われた学年だったが、ようやく失点ゼロで勝てた。生徒の成長を感じる。伝統の堅守復活? ですね。今日は、ほめてやりたい」と目を細めた。

 主将の長江を中心に鵬学園の攻撃をはね返し続けた。「(センターバックで並ぶ)矢野と話し合って、チャレンジとカバーを徹底した。相手は空中戦に強いと聞いていたけど、そこで主導権を握れたのも大きい。自信になる」(長江)。周囲への指示などで声はしわがれていたが、その表情は達成感に満ちていた。

 守備陣の奮闘に攻撃陣も応える。相手のミス絡みで前半14分に幸運な先制点が入ると、相手の反撃に耐え続けて迎えた後半37分にはJ1名古屋のU−12チーム出身の左合がダメ押し弾。試合を事実上終わらせた。

 「今年は弱い、弱いと言われ続けてきたが、これで(評価を)覆せる。(8強入りで昨年の)先輩には追いつけたので、次は追い越せです」と長江。“谷間の逆襲”はまだ終わらない。 (内田修一)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ