トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[高校サッカー]日大藤沢はPK戦10人目で散る…

2020年1月4日 紙面から

◇全国高校サッカー選手権 第4日<3回戦> 仙台育英0−0(PK9−8)日大藤沢

 サッカーの第98回全国高校選手権は3日、さいたま市の浦和駒場スタジアムなど4会場で3回戦を行い、関東勢では昌平(埼玉)が初の、矢板中央が3大会連続での8強進出となった。日大藤沢(神奈川)は0−0からのPK戦の末、敗退した。高円宮杯U−18プレミアリーグファイナルを今季制し、2冠を狙う青森山田、静岡学園、四日市中央工(三重)など強豪もベスト8に名を連ねた。準々決勝は5日、等々力陸上競技場(川崎市)など2会場で行われる。

   ◇

 磨き上げた4−3−2−1の「クリスマスツリー・システム」で頂点を目指した日大藤沢が、16強で姿を消した。

 試合開始から主導権を握って決定機もつくったが、ゴールは遠く80分間では決着がつかず。10人が蹴り合ったPK戦で、8−9で力尽きた。

 試合後、主将として個性豊かなチームを束ねた、DF青木駿人(3年)は「一人ひとりの色が強く、まとめるのが難しいチームだった。ただ、やるとなった時の一体感はどのチームよりもあったと思う。(後輩たちには)来年もこの悔しさを忘れずに、この舞台にまた帰ってきてほしいと伝えました」と口にした。

 5大会ぶりに挑んだ大舞台で個性的なサッカーを披露したニチフジ。届かなかった全国制覇という夢は、後輩たちに託された。 (馬場康平)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ