トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[箱根駅伝]青学大・原監督「やっぱり指数は、500%です!」復路でもやっぱり大作戦は大成功!「最弱世代」4年生が奮起

2020年1月3日 20時23分

1位でゴールした湯原慶吾(左から2人目)を抱きしめる青学大の原晋監督。同端は鈴木塁人(代表撮影)

写真

◇3日 第96回東京箱根間往復大学駅伝・復路(神奈川・箱根町〜東京・大手町)

 復路でもやっぱり大作戦は大成功だ。青学大が6区から10区まで首位を譲らず2年ぶりの総合V。「やっぱり青学が強かった。やっぱり4年生は強かった。やっぱり青学大を応援してよかったと思ってもらいたい」。そんな願いが込められた原監督の作戦を、4年生が中心になって体現した。

 5連覇を逃した箱根駅伝から1年。「最弱世代」と呼ばれた4年生が奮起し、青学大は強さを取り戻した。出雲駅伝は5位、全日本大学駅伝は2位だったがチーム状態は上向き。昨年12月4日、千葉県富津市内の激しいコースでの練習で、指揮官は確信した。

 「やっぱり勝てる! やっぱり強い!」

 前回王者の東海大が本命視されていたが、狙っていた箱根できっちり優勝。原監督も最後は「やっぱり指数は、500%です!」と作戦成功を喜んだ。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ