トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[箱根駅伝]東洋大6区の今西駿介が‘’2代目・山の神‘’柏原竜二さんのツイートに反応「僕は最後まで人間です」念願の‘’小野田超え‘’を果たすも謙虚

2020年1月3日 18時43分

東洋大OBの柏原さんはツイッターで「今西選手が人間を辞めた日」とつぶやく

写真

 東洋大の6区・今西駿介(4年・小林)が、小野田勇次(トヨタ紡績、当時青学大)が持っていた区間記録(57分57秒)を上回る、区間2位の57分34秒をたたき出した。同じ6区で小野田に負けたときに「(小野田は)人間じゃねえ」と“迷言”を残したのは2年前。「小野田超え」を果たした今回も、今西からは「小野田さんを超えたとは思っていない。僕は最後まで人間です」と“迷言”が飛び出した。

 東洋大の先輩で「2代目・山の神」として呼ばれた柏原竜二さん(30)にツイッターで「2020年1月3日 今西選手が人間を辞めた日」と絶賛されたが、今西は「小野田さんの下りのスピードは異次元。小野田さんがいたから6区と真剣に向き合えたし、このタイムを出せた。今でも憧れの人」と受け止める。

 今西が好走しても、11年続いていた3位以内が途絶え、シード権ギリギリの10位。酒井俊幸監督は「伝統が途絶えるのは複雑。来年が大事。すぐに上位に戻らないと」と前を向いた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ