トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

「やっぱり大作戦」成功の青学大・原晋監督は2年ぶりVに安堵「ほんと今年が一番、苦労したんですよね」

2020年1月3日 16時45分

ゴールする青学大・湯原慶吾

写真

◇3日 第96回東京箱根間往復大学駅伝・復路(神奈川・箱根町〜東京・大手町)

 「やっぱり大作戦」は大成功を収めた。青学大は10時間45分23秒の往路新記録で、2年ぶり5度目の総合優勝を飾った。令和初の箱根で頂点に立ち、胴上げで5度宙を舞った青学大の原晋監督(52)は「ほんと今年が一番、苦労したんですよね。4年生には厳しく指導したが、ついてきてくれて感謝したい」と満面の笑み。従来の大会記録は2015年に青学大がマークした10時間49分27秒。

 復路の区間賞は9区の神林勇太(3年・九州学院)のみだったが、個人の区間順位は6区谷野が3位、7区中村が4位、8区岩見が2位と着実に上位記録でたすきをつないだ。出場選手と中継地点、ゴールの通過順位は以下の通り。

 ※は当日変更

1区※吉田圭太(3年) 7位

2区 岸本大紀(1年) 1位 

3区 鈴木塁人(4年) 2位

4区※吉田祐也(4年) 1位 

5区 飯田貴之(2年) 1位 

6区 谷野航平(4年) 1位

7区 中村友哉(4年) 1位

8区 岩見秀哉(3年) 1位

9区 神林勇太(3年) 1位

10区※湯原慶吾(2年) 1位

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ