トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[箱根駅伝]空前の“超速箱根”青学大が往路新で3年ぶり制覇 当日突入の5区・飯田ズバリ

2020年1月3日 紙面から

3年ぶり4度目の往路優勝を果たし、ゴールする青学大の飯田貴之=神奈川県箱根町で(武藤健一撮影)

写真

◇第96回箱根駅伝<第1日>

 ▽2日▽東京・大手町〜箱根・芦ノ湖の5区間107.5キロ▽出場21チーム▽スタート時の気象 晴れ 気温6.9度 湿度51% 東南東0.9メートル

 青学大が5時間21分16秒の往路新記録で3年ぶり4度目の往路優勝を飾った。2区の岸本大紀(1年・三条)が6人抜きでトップに浮上。3区で先頭を譲ったが、4区の吉田祐也(4年・東農大三)が区間新の走りで首位に再浮上。5区の飯田貴之(2年・八千代松陰)も区間2位ながら区間新の好走で逃げ切った。2位の国学院大、3位の東京国際大、4位の東海大までが従来の往路記録を上回る高速レースだった。

 やっぱり青学大は強かった。原晋監督(52)の采配がピタリと的中。初めて山上りの5区で起用された飯田が前回区間賞の浦野(国学院大)の追い上げを許さず、雄たけびを上げて芦ノ湖のゴールに飛び込んだ。「首位を奪われない走りができた。練習してきたことが報われた」。1区の吉田圭太(3年・世羅)と3区の鈴木塁人主将(4年・流通経大柏)に迎えられると、3人で抱き合い、ピョンピョンと跳びはねて喜んだ。

 1区から常に上位をキープする抜群の安定感。「やっぱり大作戦」を掲げた原監督は「2、4、5区が特に頑張ってくれた。『やっぱり指数』は120%まで上がっている。6区で150%、ゴールで500%に上げられるようにしたい」と上機嫌だ。

 2位と1分2秒差の首位でたすきを受けた飯田は昨年、1年生で唯一出場し、8区で区間2位だった。「(今回も)8区、往路なら4区を走ると思っていた」。5区での起用を正式に伝えられたのは、昨年12月10日。箱根駅伝本番の約3週間前で、16人のエントリーメンバーが発表された日だ。

 前回まで2年連続5区を走った竹石尚人(4年・鶴崎工)が故障の影響で自ら外れることを申し出たことで、飯田に出番が回ってきた。備えあれば憂いなし。実は昨年から竹石に次ぐ5区の候補に挙がっていたため、同じく候補の吉田圭とともに山を走る練習をしていた。

 自他ともに認める練習の鬼。「練習量は吉田圭とともにチーム内でワンツーを争う」と原監督も太鼓判を押す。飯田自身も練習量が自信となり、「5区と聞いたのが直前だったので(特別な)練習はしてなかったが、チームトップの練習をやってきたので、力量的に1時間11分台で上れると思った」と山への恐怖はなかった。

 チームは出雲駅伝5位、全日本大学駅伝2位と力を示してきたものの、今季の優勝はなかった。ただ、“やっぱり”青学大には底力がある。シーズンが進むにつれて徐々に調子を上げ、箱根にはしっかりと照準を合わせてきた。

 往路制覇にも浮かれることはない。「総合優勝しないと『終わりよければすべてよし』とはならない。確実に総合優勝を狙っていきたい」と原監督。2位国学院大とは1分33秒差。最大のライバル、前回王者の東海大には3分22秒差をつけた。冷静、かつ大胆な原采配で2年ぶりの王座奪還に近づいた。 (広瀬美咲)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ