トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

強い青学大が帰ってきた!!“原マジック”で3年ぶり往路V「すごいこと」高速レース制して笑顔【箱根駅伝】

2020年1月2日 13時52分

1位でゴールする青学大の飯田貴之

写真

◇2日 第96回東京箱根間往復大学駅伝第1日(東京大手町ー神奈川県箱根町芦ノ湖駐車場)

 東京箱根間往復大学駅伝第1日は2日、東京・大手町から神奈川県箱根町までの5区間、107・5キロで行われ、青学大が5時間21分16秒の往路新記録で3年ぶり4度目の往路優勝を果たした。

 原監督のさい配が的中した。2区で抜てきした1年の岸本大紀が7位から1位に押し上げると、3区で首位を東京国際大に譲ったが、この日、エントリー変更で起用された4区の吉田祐也(4年)が区間新記録の快走を披露して1位に浮上。そのまま押し切った。

 原監督は「素直にうれしい。今年は新体制が始まってシードすら取れないくらいのレベルの学生だったが、よく頑張ってくれた。(新記録には)大学スポーツ界のレベルアップに少し貢献したことはすごいこと。学生たちに本当に感謝する。1区から超ハイペースの中でよく耐えてくれた。総合優勝しなければ終わりよければすべてよしとはならない。復路もチーム一丸となって戦っていきたい」と話した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ