トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

僕はサニブラウンとは違う…山県亮太が日本陸連のリレー優先方針に賛同「考え方としてはあり。僕は200を走ると疲れるので…」

2019年12月23日 19時35分

米国合宿から一時帰国した山県亮太

写真

 陸上男子短距離の山縣亮太(27)=セイコー=が23日、長期合宿を行っている米フロリダ州から羽田空港着の航空機で一時帰国し、「スピード練習をするための土台作りはうまくいっていると思う」と経過を振り返った。

 日本陸連は東京五輪で400メートルリレー出場が想定される選手について、個人種目は原則1種目のみとする方針を発表。山県は100メートルを主戦場とすることもあり「考え方としてはありだと思う。僕は200を走ると疲れちゃうので1種目なのはありがたい」と理解を示した。

 年明けには再び渡米し、五輪イヤーに備える。「日本選手権で記録と勝負を意識しないといけない。勝つのは簡単ではないが、自己記録を超えれば選ばれることは不可能ではない。可能性に向けて全力で取り組みたい」と気持ちを新たにした。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ