トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

卓球女王が「無敗の女」宣言 伊藤美誠が”みうみま対決”で平野美宇を圧倒 五輪イヤーは1つも負けない!

2019年12月22日 19時14分

優勝した伊藤美誠

写真

 卓球のジャパン・トップ12大会最終日は22日、仙台市のカメイアリーナ仙台で男女の準決勝に続いて決勝を行い、男子は世界ランキング5位の張本智和(16)=木下グループ=が2連覇を達成。女子は世界ランキング4位の伊藤美誠(19)=スターツ=が初優勝した。

 伊藤は平野美宇(日本生命)との決勝を4―1で勝利。年内最後の試合を終え、「来年は『無敗の女』を目指して頑張っていきたい」と力を込めた。今年は東京五輪代表入りを、女子の中で1番最初にほぼ確実とし、本番での活躍が期待されている。「とりあえず来年の世界選手権(3月、韓国)までには全ての試合を『無敗の女』で終わらせたいし、もちろん五輪もあるのでそこをテーマにしたい」と力強く誓った。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ