トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

桐生祥秀、土屋太鳳さんと新国立競技場で走り初め 「東京五輪でメダル獲得を」

2019年12月21日 15時40分

完成した国立競技場で初めてトラックを走るイベントに参加した(右から)桐生祥秀、有森裕子、土屋太鳳ら

写真

 陸上の男子短距離、桐生祥秀(24)=日本生命=が21日、東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとして新たに完成した国立競技場のランニングイベントに参加。全世界の競技者に先駆けて“一番乗り”でトラックを走り、「(半年後に)ここで走るんだなと思いながら立った。そう思えるイベントで楽しかった」と声を弾ませた。

 特に短距離では走りに大きく影響するトラックの反発については「硬いし、新しい。硬さはそこまで興味がないのでどっちでもいい」と振り返った。イベントで一番乗りを果たしたが、もちろん目指すのは五輪本番で走ること。「日本選手権で五輪出場の資格を取り、ファイナルに残ってメダルを獲得できるよう頑張る」と誓った。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ