トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

サモアではなかった『SMR』…高谷惣亮が『謎の国』からの伏兵に敗れ 情報戦の大切さ知る

2019年12月20日 19時40分

男子フリー86キロ級準々決勝 村山貴裕(下)を攻める高谷惣亮

写真

◇20日 レスリング全日本選手権第2日 男子86キロ級

 東京五輪の選考に関わるレスリングの全日本選手権第2日は20日、東京・駒沢体育館で男女23階級があった。3大会連続の五輪出場を目指す男子86キロ級の高谷惣亮(30)=ALSOK=は危なげなく決勝進出。相手の特徴を見極めた「IDレスリング」で今大会9連覇を目指す。

 ベテランらしい試合運びでの勝利だ。準決勝の山田修太郎(山梨学院大)戦では「足を使ってバテさせて最後にとる」の戦略通り、後半は相手に何もさせず、8―0の完勝。「及第点のレスリングができた」と笑った。

 9月の世界選手権が教訓になった。3回戦で伏兵のサンマリノ選手に惜敗し五輪切符を逃した。「SMR」の国名を見て、高谷は「サモアの選手だと思った」。情報不足も敗因の一つだった。「レスリングは情報戦。あの負けを生かしたい」。相手を入念にリサーチし、今大会に臨む。

 高谷は「東京五輪の金メダルは予約している。ここは通過点」。大人のレスリングで21日の決勝も制し、まずは3月の五輪アジア予選の切符を手に入れる

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ