トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[レスリング]土性沙羅 中華店での仲良し先輩・登坂の助言が攻撃のヒントに 2人で目指すダブル連続「金」 Vで五輪キップ

2019年12月17日 15時32分

全日本に向けて技のバリエーションに磨きをかけた土性

写真

◇19日開幕 全日本選手権(駒沢体育館)

 土性にとっても全日本は挫折からの復活戦だ。9月の世界選手権では3回戦で優勝したメンサストック(米国)に1−10で完敗。2015年以来4年ぶりとなる黒星を喫した。勝てば東京五輪が決まっていた3位決定戦でもドイツ選手に敗れた。「悔しいというより、情けない。こんなものなのかと思った」

 2018年春に左肩を手術。国際舞台から遠ざかっている間に「世界との差は開いていた」と土性は語る。5位以内に入って日本としての出場枠は確保したものの、力不足を痛感させられた。

 世界選手権から帰国後、名古屋駅まで先輩の登坂が迎えに来てくれた。中華料理を食べながら、傷心の土性は登坂のアドバイスに耳を傾けた。

 「『タックルばかりに執着している』と。フェイント、がぶりを使っていくのも大切だと気付かされた」。今大会へ向けて幅広い攻撃パターンを構築してきた。

 「世界選手権から3カ月、変わった姿を見せたい」。五輪の切符とともに、ここで本来の強さを取り戻したい。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ